本日、おもてなし日和なり
    外国人が住むお家のおもてなしレシピ
    印刷画面改(type2)



    人気おもてなしレシピ

    失敗しないチョコレートのスフレ
    ポテトとニンジンのフラン
    失敗しないフォンダンショコラ



    おもてなしレシピ カテゴリ



    プロフィール

    おもてなし料理研究家★まぶー

    Author:おもてなし料理研究家★まぶー

    毎日がおもてなし気分でもいいじゃなーい♪

    アメリカ生活で数々のオーブン料理、ハーブスパイスに恋をしてから、お家で1番好きな場所がキッチンなりました。

    趣味はガーデニング。ハーブをいっぱい育てています。もちろんお料理にたっぷり使います。

    そんなアタクシのパートナーは、海を越えてやってきた外国人の通称『ニコさん』

    あちらの文化ゆえ、我が家はいつもホームパーティでおおわらわ。

    美味しく出来たご飯を頬張るニコさんやその仲間たちの笑顔と過ごすひと時は、アタクシにとって、と〜っても大切な時間♪

    お友達、家族、そして大切なあの人とテーブルを囲む皆さんの時間が、ちょっぴりおもてなし気分でキラキラするようなおもてなしにぴったりなレシピをご紹介したいなーと思っちょります。



    最新おもてなしレシピ



    月別アーカイブ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    検索フォーム



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    QRコード

    QR



    ◆鶏胸肉の美味しい茹で方

    我が家の食卓に、(カロリーコントロールもかねて)
    かなりの率で登場してくる鶏胸肉さん


    今回は、そんな鶏胸肉を美味しく!そして、モイストに!
    仕上げるコツをお教えしちゃいましょう。


    鶏胸肉を電子レンジで処理する人が多いと思いのですが、レンジでは、
    いきなり高温で熱が入っていくため、長い時間加熱してしまうと、
    胸肉はパサつきがちなのをご存知ですか?

    お湯からいきなり茹でている場合もそうなんです。

    美味しく仕上げるポイントは2つ♪


    ポイント1 : お砂糖をまぶしておく

    早く仕上げたいとはやる心を抑え、胸肉を室温に戻す際に、
    お肉の表面にお砂糖をまぶしてあげるんです。

    なぜお砂糖をまぶしてやるのかというと、お砂糖には保湿の役割があるんです。
    それに反してお塩は表面を固める役割があります。

    パサつきがちなお肉を扱うときには、まずお砂糖をまぶしてあげることで
    お肉の保水性がアップし、柔らかく仕上がるんですねぇ。

    というわけで、お肉は茹でる前にお砂糖をまぶして15−30分くらいおいてあげましょう。
    (夏場は15分くらいで十分です)

    鶏肉が室温に戻りましたらお肉の表面をキッチンペーパーなどでトントントンとごく軽く拭き取ってあげましょう。


    ポイント2 : お水から茹でる

    熱湯で茹でると、脂が少ない鶏胸肉は、いきなり高温にさらすとキューっと固まってしまいます。
    お水からゆっくりと熱を入れてあげることで、お肉の繊維が縮こまることなく、ジューシーに仕上がるんです。

    火の入れ方:

    お肉をお鍋にいれ、お肉がしっかりかくれるくらいの水を注ぎ、
    お酒/もしくは白ワインを大さじ1も加えます。
    ここで生姜のスライスを2、3枚加えたり、ネギの青い部分を加えたりもしますが、
    アタクシも入れたり入れなかったりするんで、お手持ちに無ければなくても大丈夫です。

    ここから火にかけるわけですが、決してゴボゴボ沸騰させることがないようにしてください。

    5分後くらいにようやく鍋のフチ側がフツフツしてきます。
    そうしたら、胸肉を一度裏返して底にあった面を上にしてあげてください。
    (底にあった側の表面はすでに白くなっていると思います)

    お肉を裏返しにしたら火を止めてフタをします。
    そのまま15-20分おいておきましょう。
    (大きさ厚みによります)

    この待ち時間に、茹で鶏に和える具材などを準備できますね。

    約20分後、茹で汁の温度は指を入れることが出来るくらいの温度に下がっていると思います。
    お肉を茹で汁からあげて、中を割ってチェックしてみて下さい。
    まだ中央が少し生なようであれば、すぐに汁の中に戻してフタをしてください。

    鶏胸肉は割いて食べることが多いかもしれませんが、
    割いたお肉も、ゆで汁と少しまぶしておくとパサつきが防げますよ。

    もちろんすぐに使わずタッパーなどに入れて保存する際も、ゆで汁と共に保存してくださいね。


    美味しい鶏胸肉が茹で上がりますように♪


    【鶏胸肉を使ったレシピ】


    鶏胸肉とリンゴのヨーグルトサラダ

    ヨーグルトサラダ 





    ◆みじん切り

    以前、友人が遊びに来た際に、一緒にお料理を作った時のこと。

    『さて、タマネギをみじん切りにしましょうか』

    と作業を開始したのですが

    彼女は、まずタマネギを大きくスライスして、次にそれを千切りに。
    それからようやく細かく、チョップチョップ

    そして、号泣しているし(笑)

    今までこうやってみじん切りをしていたそうな。 
    大変な作業でしたねー。

    みじん切りは、細かくなるきっかけ作りをしてあげるだけで、
    号泣する間なく、 あっという間に出来上がります。

    同様にニンニクのみじん切りも同じ方法できます。

    今までタマネギのみじん切りに異様に時間を要していた方は、
    こちらのやり方で試してみてくださいね。



    【1】 まずタマネギを縦に半分に切ってから横に置き、
    タマネギの繊維にそって縦に切れ目を入れていきます。
    この時に、タマネギの奥のつながっている箇所
    1㎝くらいを切らずに残しておくことで扱いやすくなります。

    みじん切りのやり方 
    (この写真だと奥、タマネギの上部が少しつながった状態)
    包丁で切れ目を入れるごとに下までは完全にカットすること。
    つなげておくのは、写真の上部のタマネギの根の部分です。

    【2】 次にタマネギの横に2-3か所切れ目を入れてあげます。

    みじん切りのやり方 
    手を切らないように注意して!

    【3】 最後にタマネギの端から、ザクザクと少しずつ切って
    いくと、みじん切りの状態になって現れます。

    みじん切りのやり方 

    このとき、タマネギの根の部分(カットせずつなげておいた部分)に
    近くなったら、また切れ目をいくつか入れてカットしていきます。

    大きいものがあったら、軽く包丁で切ってあげましょ。



    同様にニンニクもこの方法でみじん切りにすることができます。

    縦と横からそれぞれ切れ目を入れてあげて端からカットしていく。
    みじん切りのやり方  みじん切りのやり方 

    ニンニクの芯/芽を取りたいときは、半分にカットして取り出すか、
    ニンニクを包丁の面に押し当て、上から体重をかけるとつぶれます。
    それから芯/芽をとりましょう。
     
    基本的に、鮮度が落ちているニンニクでは、芽が育ってしまっている
    ことが多いので、取るわけなのですが、新鮮なものは芽を取らなく
    ても大丈夫です。

    そもそもなぜ取るかというと、毒性やエグミというよりも、中心にある芽が
    一番皮が固いところで、その触感が残りやすいから取るんです。

    炒めるときなどは加熱時間が短いため、取りますが、
    煮込み料理の時は、時間をかけて火を入れることで柔らなくなるので
    神経質に取る必要はないようです。
     
    どちらにしても、ニンニクから青い芽が出ているようなときは、
    取ることをお勧めしますよ。

    みじん切り作業、アタクシ大好きなんですが、
    嫌いな人も、コツを覚えて、作業時間を短縮さえましょうね。




    ◆ポーチドエッグの作り方
    ポーチドエッグ


    海外では、ゆで卵や温泉卵よりもメジャーなポーチドエッグ♪
    真っ白く茹であがる卵白が美しく、お野菜の緑の上では見栄えしますね。

    卵黄を半熟に仕上げてお野菜やサラダに盛り付けると、そのままおソースなります。

    ぜひ、卵黄をドロドローっと流れ出るくらいに仕上げて下さい♪
    (お嫌いでなければですがw)

    ポーチドエッグは、ゆで卵よりもゆで時間が短くて済むため、コツさえ覚えれば
    とても簡単に作れます。

    バターを塗ったパンの上にハムやスモークサーモンと一緒にポンとのせれば、
    一層美味しくなりますよ。


    ◆ポーチドエッグの作り方

    【材料】 ポーチドエッグ1個分
     ・卵 1つ
    ・熱湯 500cc
    ・白ワインビネガー(などのお酢)大さじ1


    【必要な道具】
    • 小鍋 1つ
    • 小さ目のボール
    • 穴あきレードル
    • バットにキッチンペーパーを敷いたもの


    【下準備】15-30分 卵を室温に戻すので季節によって異なる
    • 卵を常温に戻して、ボールなどの器に卵をひとつずつ別々に割っておく
      ポーチドエッグ

    • 熱湯を準備しておく



    【作り方】調理時間:5分
    1. グラグラと沸騰したお湯を用意し、火を止め、白ワインビネガーを加える。
      *お酢を加えることで、卵白が固まりやすくなります。
    2. 菜箸などでお湯をグルグルと円を描くようにかき混ぜ、お湯の温度を少し下げる
      とともに、中央に渦を作り、その中心に先にボールなどに割り入れて
      おいた卵をそっと落としこむ。

      卵1個だけの時は、この渦を作った方が卵白がまとまりやすくなります。
      卵2個の時に渦を作ってしまうと、合体してしまうことがあるので気をつけて下さいね。


      ポーチドエッグ 
      すぐにフタをして、3分置いておく。
      ポーチドエッグ 

      卵が室温状態になっていれば、3分で卵黄箇所を割るとドローリと黄身が流れ出す
      状態に仕上がりますが、室温に戻っていない卵を使用してしまうと、
      もう少し時間がかかります。

    3. ポーチドエッグの時間が来たら、穴空きレードルなどで卵をそっとすくい取り出し、
      キッチンペーパーを敷いたバットなどに取り上げ、水気を切る。

    4. サラダやパンなどの上にのせていただく♪


    チャンスがあったら、ぜひお試しくださいませー。



    【ポーチドエッグを使ったレシピ】


    エッグ・ベネディクト
    エッグベネディクト 

    アスパラガスのロースト
    レモンパン粉とポーチドエッグ添え
    アスパラガスのロースト