本日、おもてなし日和なり
    外国人が住むお家のおもてなしレシピ
    印刷画面改(type2)



    人気おもてなしレシピ

    失敗しないチョコレートのスフレ
    ポテトとニンジンのフラン
    失敗しないフォンダンショコラ



    おもてなしレシピ カテゴリ



    プロフィール

    おもてなし料理研究家★まぶー

    Author:おもてなし料理研究家★まぶー

    毎日がおもてなし気分でもいいじゃなーい♪

    アメリカ生活で数々のオーブン料理、ハーブスパイスに恋をしてから、お家で1番好きな場所がキッチンなりました。

    趣味はガーデニング。ハーブをいっぱい育てています。もちろんお料理にたっぷり使います。

    そんなアタクシのパートナーは、海を越えてやってきた外国人の通称『ニコさん』

    あちらの文化ゆえ、我が家はいつもホームパーティでおおわらわ。

    美味しく出来たご飯を頬張るニコさんやその仲間たちの笑顔と過ごすひと時は、アタクシにとって、と〜っても大切な時間♪

    お友達、家族、そして大切なあの人とテーブルを囲む皆さんの時間が、ちょっぴりおもてなし気分でキラキラするようなおもてなしにぴったりなレシピをご紹介したいなーと思っちょります。



    最新おもてなしレシピ



    月別アーカイブ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    検索フォーム



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    QRコード

    QR



    ◆エッグ・ベネディクト
    エッグベネディクト

    土曜日、日曜日に遅く起きた朝、友人や家族と外で頂くブランチ

    日本だと何が定番でしょう?

    パンケーキかしら?
    マックのマフィンセットかしらw
    それとも和食の定食系?

    もちろん、それらもありあり♪

    でもたまには、英語圏の国々で昔から大人気のメニューを試してみませんこと?

    今回ご紹介いたしますのは、週末のブランチ人気メニューのひとつである
    エッグベネディクト♪

    エッグベネディクト

    直接お湯の中に入れて熱を通した卵(ポーチドエッグ)にホランデーズソース
    たっぷりとかかっています。

    ソースを作るのが面倒なんて言わないで、ぜひ試してください。
    ちなみに、写真はハムを乗せていますが、スモークサーモンやベーコンでも美味しく
    いただけます。



    ◆エッグ・ベネディクト

    【材料】
    2人分
    ・イングリッシュマフィン 1つ(半分に割って2枚にして使用)
    ・卵 2つ (ポーチドエッグ用)
    ・お湯 1リットル
    ・白ワインビネガー(などのお酢)小さじ2
    ・ベーコン2枚もしくはハム 4枚
    ホランデーズソース (←作り方と材料はリンクをクリック)


    【必要な道具】
    • ホランデーズソース用の道具(コチラ参照)
    • ボール1つ
    • 泡立て器
    • 鍋 1つ
    • フライパン(ベーコン/ハムを焼く場合)
    • フライ返し(ベーコン/ハムを焼く場合)
    • バットにキッチンペーパーを敷いたもの
    • トースター


    【下準備】15-30分 卵を室温に戻すので季節によって異なる
    • 卵を常温に戻して、ボールなどの器に卵をひとつずつ別々に割っておく
      ポーチドエッグ
    • マフィンを半分に割っておく
    • ベーコンを使う場合は、半分の長さにカットして置く。(後で焼きます)

    【作り方】調理時間:MAX20分
    (ホランデーズソース10分+ポーチドエッグなどもろもろ10分)
    1. まずホランデーズソースを作ります。
      作り方はココをクリック。
    2. 次にポーチドエッグ用のお湯を1リットル準備する
      (卵1つの場合は、500ccくらいで十分)
      *予熱が必要なトースターはここで温め始めておく。
    3. ポーチドエッグを作る。↓
      沸騰した湯に白ワインビネガーを加える。
      *お酢を加えることで、卵白が固まりやすくなります。
    4. 器に割り入れておいた卵をそっと落とし入れる。
      ポーチドエッグ
      少し離してもうひとつの卵をそっと湯の中に落とし入れる。
      火を止めてしっかりとフタをし、そのまま触らずに4分おいて置く。
      1人分、卵1個を使用の場合は、3分置いておく。
      (卵が室温状態になっていれば、半熟に仕上がります。)
    5. ポーチドエッグが仕上がるのを待つ間にマフィンをトーストし始める。
    6. ベーコンを焼く。(ハム使用の場合は火を通さなくても大丈夫です)
      フライパンにカットして4枚にしたベーコンを並べ、火を付ける。
      巻き上がらないように時々フライ返しで押し付けながらカリッとする
      まで焼き、キッチンペーパーの上に取り出し油を切る。
    7. ポーチドエッグの時間が来たら、穴空きレードルなどで卵をそっと
      すくい取り出す。
      ポーチドエッグ
      キッチンペーパーを敷いたバットなどに取り上げ、水気を切る。
      焼けたマフィンには、マーガリンをぬる。
    8. それぞれマフィンの上にベーコン/ハムを2枚敷き、その上に
      ポーチドエッグを載せ、上からホランデーズソースをかけて頂く。


    たまには、こんなブランチも海外レストラン気分でいかがでしょうかー?


    【その他のレシピ】

    ホランデーズソース
    ホランデーズソース 









    Topic:料理レシピ - Genre:Gourmet


    ◆パルメザンとチェダーチーズのコーンミールブレッド
    コーンミールブレッドコーンミールを使ったパン。
    コーンミールブレッドって、
    日本ではあまり見かけませんよね。
    悲しいほどマイナーな存在。
     
    でも、アタクシは、大好きなんです。

    アメリカで生活していたころ、たくさん食べたからかしら??

    あちらでは、日本のお米のごとく
    とうもろこしをたくさん育てていますからね。コーンフラワーやコーンミールがお料理にもお菓子作りにも多用されているんですよ。
    今回ご紹介するのは、た~っぷりチーズを入れた軽食向きのコーンブレッドです。

    アタクシは、スパイシーなチリを食べるときのサイドに必ずこれがほしくなるんですよね~。
    これも、昔の習慣だったからなんでしょうねー。

    とにもかくにも、アメリカでの生活を思い出す、大切なブレッドでございます。

    コーンミールをスーパーで見つけた方は、興味があれば、ぜひ作ってアメリカンな気分を
    味わってみてくださいね。



    ◆パルメザンとチェダーチーズのコーンミールブレッド

    【材料】
    ・コーンミール 1と 3/4カップ
    ・薄力粉 1/4カップ
     ※上記2つ合わせて2カップになります
    ・ベーキングパウダー 小さじ2
    ・ベーキングソーダ 小さじ1
    ・砂糖 大さじ3
    ・塩 ひとつまみ
    ・牛乳. 80cc
    ・ヨーグルト 1/2カップ
    ・バター 60g
    ・卵 1コ
    ・パルメザンチーズ 大さじ3
    ・チェダーチーズ 1/4カップ
    ・わけぎ(もしくは青細ネギ) の小口切り 大さじ3

    ★お辛いのがお好きな方はお好みで
    ・チリフレーク  小さじ1
    ・ハラペーニョ  粗みじん切り 大さじ2-5

    ※チーズはどれか一種でもオッケーです。
    その他、冷蔵庫の残った野菜たちを炒めて具材としてみたり、冒険してみてくださいね。


    【必要な道具】 パウンド型1個分
    • パウンド型やマフィンカップなど 


    【下準備】 30分
    • ベーコンを1㎝角に切り、フライパンでカリカリに炒めて、キッチンペーパー
      などの上にあげ、油をきっておく。
    • わけぎは小口切りにしておく。
    • パルメザンとチェダーチーズがブロックの時は、チーズグレーターなどで
      粗めに卸しておく。
    • コーンミールから塩までの粉類をボールに合わせ、泡だて器でグルグルと
      かきまぜておく。
    • バターは電子レンジで溶かして、荒熱をとっておく。
    • 卵は溶きほぐす。
    • 牛乳、ヨーグルト、卵、粗熱が取れた溶かしバターを混ぜ合わせておく。
    • パウンド型などにバターを塗っておく。マフィンカップでも美味しく作れます。

    【作り方】 1時間 (焼き時間含む)
    1. オーブンを200度に予熱する。
    2. ボールに合わせた粉類に、チーズを加えまぜる。
    3. 次にベーコン、わけぎ、(そして入れる人は、チリフレークとハラペーニョ)も加えて
      粉によく混ぜ合わせておく。
    4. ここで液体のミックスを半分入れてさっくり混ぜ合わせます。
    5. 残りの液体ミックスを様子をみながら加え、さっくりと混ぜ合わせる。

      粉類が十分に水分を含んだらオッケーです。
      ヨーグルトの状態によって、多少液体の濃度がかわってくるので、
      ホットケーキミックスよりも固めの生地に仕上げてください。
    6. 用意していたパウンド型に生地を流し入れ、表面を軽くならしておく。
      コーンミールブレッド
    7. 予熱したオーブンに入れて、(パウンド型の場合)30-40分焼く。
      マフィンカップの場合は、20分くらい。
      竹串をさして、濡れた生地がついてこなければ、出来上がりです。
      コーンミールブレッド
    8. オーブンから取り出して、10分間粗熱をとってから、やけどに気を付けて
      型からだしましょう。



    【このレシピに合わせて…】
    チャンキー・ビーフチリ★TEXASスタイル
    チャンキービーフチリ
         
     



    ◆茄子のモッツァレラチーズ焼き
    ナスのモッツァレラ

    トマトのカプレーゼを作って余ったモッツアレラを、
    トマトソース茄子でグリル。

    これ、イタリアンで、パルメジャーノと呼ばれるお料理ですよね。
    オーストラリアでは、チキンパルメといって、茄子ではなく、チキンと合わせて
    食べる方が大人気。

    スポーツバーなど、あちこちで見かけます。

    実は、うちのニコさんは、お茄子があまり好きではないのです。
    (アタクシがお茄子を食べたくなり、どうしても購入しちゃうんですね)

    でも、このトマトソースたっぷり、チーズたっぷりでグリルしたお茄子は
    パクパク食べてくれます。

    チキンパルメみたーい♪

    と言っていましたが、こちらが本家なのよ、ベイベー。

    モッツアレラが無い時はもちろんとろけるチーズで代用しています。

    パン粉にレモンの皮をおろしたものとドライハーブをまぜて、香りよく仕上げると
    オーブンやトースターから出した時の香りがなんとも言えず、食欲をそそりますよ。




    ◆茄子のモッツアレラチーズ焼き


    【材料】 2人分
    ・なす 1本
    ・パン粉 大さじ2
      ※ナスの大きさによる
    ・ドライバジル 小さじ1/4
    ・レモンの皮 小さじ1/4
    ・レモン汁 小さじ1/4
    ・モッツァレラチーズ 1/4パック
    ・オリーブオイル 小さじ1
    ・塩コショウ 
    トマトソース 適量
    ・粉チーズ 大さじ1/2

    フレッシュバジルがあれば、茄子とモッツアレラチーズ
    の間に挟みましょうっ♪


    【下準備】 30分(ナスのアク抜き時間を含む)
    • ナスは2cmくらい厚みがある輪切りにし、バットなどに
      並べ両面に軽く塩を振って 30分置いてアクを出す。
      ナスのモッツァレラ焼き 
    • 30分後、ナスの表面から水分(アク)が出くるので
      キッチンペーパーでしっかりとふき取っておく。
      ナスのモッツァレラ焼き 
    • 小さいボールに、パン粉、粉チーズ、レモンの皮をおろしたもの
      オリーブオイル、 ドライバジルを混ぜておく。
    • モッツァレラチーズをナスの大きさに合わせてカットし、
      ナスと同じ枚数用意する


    【作り方】
    1. アクを抜いて水けを拭き取ったナスに軽く塩コショウする。
       準備していたパン粉ミックスをナスの両面に手で押しつけて貼り付ける。

      ナスのモッツァレラチーズ焼き  ナスのモッツァレラチーズ焼き

    2. フライパンを中火にかけ、表面が軽く色ずくまで両面を
      片面2分程度焼いて、一度バットなどに上げておく。 
      ナスのモッツァレラチーズ焼き 
    3. 耐熱皿にトマトソースを少量敷き、その上に焼いたナスを置き、
      トマトソースを少しかける。さらにその上にチーズをのせる。
      フレッシュバジルがあれば、茄子とモッツアレラチーズの間に
      はさみましょう。 

      ナスのモッツァレラチーズ焼き 
    4. オーブン180°/トースター(グラタンモード目安)に入れ、
      チーズが溶けて グツグツするまで火を通す。
      ナスには一度火が通っているのでチーズの 見た目を目安に
      して大丈夫です。

      モッツァレラチーズ開封の際は、清潔なタッパーやボールを用意し、
      袋の中の水をとっておくと保存に便利です。
      残ったチーズは袋の中の水とともにタッパーに入れて保存し、
      3-4日以内に使い切ること。


    ナスのモッツァレラ


    オーブン/トースターから出したてのアツアツをふーふーしながら、
    お召し上がりくださーい♪



    【基本のとろ~りトマトソース】
    トマトソース



    Topic:料理レシピ - Genre:Gourmet