本日、おもてなし日和なり
    外国人が住むお家のおもてなしレシピ
    印刷画面改(type2)



    人気おもてなしレシピ

    失敗しないチョコレートのスフレ
    ポテトとニンジンのフラン
    失敗しないフォンダンショコラ



    おもてなしレシピ カテゴリ



    プロフィール

    おもてなし料理研究家★まぶー

    Author:おもてなし料理研究家★まぶー

    毎日がおもてなし気分でもいいじゃなーい♪

    アメリカ生活で数々のオーブン料理、ハーブスパイスに恋をしてから、お家で1番好きな場所がキッチンなりました。

    趣味はガーデニング。ハーブをいっぱい育てています。もちろんお料理にたっぷり使います。

    そんなアタクシのパートナーは、海を越えてやってきた外国人の通称『ニコさん』

    あちらの文化ゆえ、我が家はいつもホームパーティでおおわらわ。

    美味しく出来たご飯を頬張るニコさんやその仲間たちの笑顔と過ごすひと時は、アタクシにとって、と〜っても大切な時間♪

    お友達、家族、そして大切なあの人とテーブルを囲む皆さんの時間が、ちょっぴりおもてなし気分でキラキラするようなおもてなしにぴったりなレシピをご紹介したいなーと思っちょります。



    最新おもてなしレシピ



    月別アーカイブ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    検索フォーム



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    QRコード

    QR



    ◆ポーチドエッグの作り方
    ポーチドエッグ


    海外では、ゆで卵や温泉卵よりもメジャーなポーチドエッグ♪
    真っ白く茹であがる卵白が美しく、お野菜の緑の上では見栄えしますね。

    卵黄を半熟に仕上げてお野菜やサラダに盛り付けると、そのままおソースなります。

    ぜひ、卵黄をドロドローっと流れ出るくらいに仕上げて下さい♪
    (お嫌いでなければですがw)

    ポーチドエッグは、ゆで卵よりもゆで時間が短くて済むため、コツさえ覚えれば
    とても簡単に作れます。

    バターを塗ったパンの上にハムやスモークサーモンと一緒にポンとのせれば、
    一層美味しくなりますよ。


    ◆ポーチドエッグの作り方

    【材料】 ポーチドエッグ1個分
     ・卵 1つ
    ・熱湯 500cc
    ・白ワインビネガー(などのお酢)大さじ1


    【必要な道具】
    • 小鍋 1つ
    • 小さ目のボール
    • 穴あきレードル
    • バットにキッチンペーパーを敷いたもの


    【下準備】15-30分 卵を室温に戻すので季節によって異なる
    • 卵を常温に戻して、ボールなどの器に卵をひとつずつ別々に割っておく
      ポーチドエッグ

    • 熱湯を準備しておく



    【作り方】調理時間:5分
    1. グラグラと沸騰したお湯を用意し、火を止め、白ワインビネガーを加える。
      *お酢を加えることで、卵白が固まりやすくなります。
    2. 菜箸などでお湯をグルグルと円を描くようにかき混ぜ、お湯の温度を少し下げる
      とともに、中央に渦を作り、その中心に先にボールなどに割り入れて
      おいた卵をそっと落としこむ。

      卵1個だけの時は、この渦を作った方が卵白がまとまりやすくなります。
      卵2個の時に渦を作ってしまうと、合体してしまうことがあるので気をつけて下さいね。


      ポーチドエッグ 
      すぐにフタをして、3分置いておく。
      ポーチドエッグ 

      卵が室温状態になっていれば、3分で卵黄箇所を割るとドローリと黄身が流れ出す
      状態に仕上がりますが、室温に戻っていない卵を使用してしまうと、
      もう少し時間がかかります。

    3. ポーチドエッグの時間が来たら、穴空きレードルなどで卵をそっとすくい取り出し、
      キッチンペーパーを敷いたバットなどに取り上げ、水気を切る。

    4. サラダやパンなどの上にのせていただく♪


    チャンスがあったら、ぜひお試しくださいませー。



    【ポーチドエッグを使ったレシピ】


    エッグ・ベネディクト
    エッグベネディクト 

    アスパラガスのロースト
    レモンパン粉とポーチドエッグ添え
    アスパラガスのロースト 



    Related Entries


    Comments

    Post a comment














    Only the blog author may view the comment.