本日、おもてなし日和なり
    外国人が住むお家のおもてなしレシピ
    印刷画面改(type2)



    人気おもてなしレシピ

    失敗しないチョコレートのスフレ
    ポテトとニンジンのフラン
    失敗しないフォンダンショコラ



    おもてなしレシピ カテゴリ



    プロフィール

    おもてなし料理研究家★まぶー

    Author:おもてなし料理研究家★まぶー

    毎日がおもてなし気分でもいいじゃなーい♪

    アメリカ生活で数々のオーブン料理、ハーブスパイスに恋をしてから、お家で1番好きな場所がキッチンなりました。

    趣味はガーデニング。ハーブをいっぱい育てています。もちろんお料理にたっぷり使います。

    そんなアタクシのパートナーは、海を越えてやってきた外国人の通称『ニコさん』

    あちらの文化ゆえ、我が家はいつもホームパーティでおおわらわ。

    美味しく出来たご飯を頬張るニコさんやその仲間たちの笑顔と過ごすひと時は、アタクシにとって、と〜っても大切な時間♪

    お友達、家族、そして大切なあの人とテーブルを囲む皆さんの時間が、ちょっぴりおもてなし気分でキラキラするようなおもてなしにぴったりなレシピをご紹介したいなーと思っちょります。



    最新おもてなしレシピ



    月別アーカイブ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    検索フォーム



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    QRコード

    QR



    ◆鶏胸肉の美味しい茹で方

    我が家の食卓に、(カロリーコントロールもかねて)
    かなりの率で登場してくる鶏胸肉さん


    今回は、そんな鶏胸肉を美味しく!そして、モイストに!
    仕上げるコツをお教えしちゃいましょう。


    鶏胸肉を電子レンジで処理する人が多いと思いのですが、レンジでは、
    いきなり高温で熱が入っていくため、長い時間加熱してしまうと、
    胸肉はパサつきがちなのをご存知ですか?

    お湯からいきなり茹でている場合もそうなんです。

    美味しく仕上げるポイントは2つ♪


    ポイント1 : お砂糖をまぶしておく

    早く仕上げたいとはやる心を抑え、胸肉を室温に戻す際に、
    お肉の表面にお砂糖をまぶしてあげるんです。

    なぜお砂糖をまぶしてやるのかというと、お砂糖には保湿の役割があるんです。
    それに反してお塩は表面を固める役割があります。

    パサつきがちなお肉を扱うときには、まずお砂糖をまぶしてあげることで
    お肉の保水性がアップし、柔らかく仕上がるんですねぇ。

    というわけで、お肉は茹でる前にお砂糖をまぶして15−30分くらいおいてあげましょう。
    (夏場は15分くらいで十分です)

    鶏肉が室温に戻りましたらお肉の表面をキッチンペーパーなどでトントントンとごく軽く拭き取ってあげましょう。


    ポイント2 : お水から茹でる

    熱湯で茹でると、脂が少ない鶏胸肉は、いきなり高温にさらすとキューっと固まってしまいます。
    お水からゆっくりと熱を入れてあげることで、お肉の繊維が縮こまることなく、ジューシーに仕上がるんです。

    火の入れ方:

    お肉をお鍋にいれ、お肉がしっかりかくれるくらいの水を注ぎ、
    お酒/もしくは白ワインを大さじ1も加えます。
    ここで生姜のスライスを2、3枚加えたり、ネギの青い部分を加えたりもしますが、
    アタクシも入れたり入れなかったりするんで、お手持ちに無ければなくても大丈夫です。

    ここから火にかけるわけですが、決してゴボゴボ沸騰させることがないようにしてください。

    5分後くらいにようやく鍋のフチ側がフツフツしてきます。
    そうしたら、胸肉を一度裏返して底にあった面を上にしてあげてください。
    (底にあった側の表面はすでに白くなっていると思います)

    お肉を裏返しにしたら火を止めてフタをします。
    そのまま15-20分おいておきましょう。
    (大きさ厚みによります)

    この待ち時間に、茹で鶏に和える具材などを準備できますね。

    約20分後、茹で汁の温度は指を入れることが出来るくらいの温度に下がっていると思います。
    お肉を茹で汁からあげて、中を割ってチェックしてみて下さい。
    まだ中央が少し生なようであれば、すぐに汁の中に戻してフタをしてください。

    鶏胸肉は割いて食べることが多いかもしれませんが、
    割いたお肉も、ゆで汁と少しまぶしておくとパサつきが防げますよ。

    もちろんすぐに使わずタッパーなどに入れて保存する際も、ゆで汁と共に保存してくださいね。


    美味しい鶏胸肉が茹で上がりますように♪


    【鶏胸肉を使ったレシピ】


    鶏胸肉とリンゴのヨーグルトサラダ

    ヨーグルトサラダ 



    Related Entries